【ファイナルブレイク 最終回ネタバレ】究極の選択!生き残れるのは一人だけ…..!?命がけの脱獄劇に隠された残酷な真実とは…..。 | はなゆうのとっとこ人生

【ファイナルブレイク 最終回ネタバレ】究極の選択!生き残れるのは一人だけ…..!?命がけの脱獄劇に隠された残酷な真実とは…..。

VOD

二度の脱獄、そして組織との対決。多くの苦難を乗り越えついに本物の自由を手に入れた兄弟。

それから四年後、マイケルの墓に集まった仲間たち。マイケルは何故亡くなってしまったのか…..?

これはプリズンブレイク本編では語られなかった空白の四年間を描いた物語です。

VOD
【プリズンブレイク シーズン5 最終回ネタバレ】偽装結婚に死の偽装…..!巨大な陰謀に再び運命を狂わされる兄弟。このまま全てを失ってしまうのか!?

 

\Huluなら2週間無料でドラマ・アニメが見放題/

韓流バナー

\見たいドラマ・映画を探してみよう/

\Amazonプライムでおすすめの動画見放題/

『ファイナルブレイク』これまでの簡単なあらすじ

マイケルとサラの結婚式が行われていた海辺に何の前触れもなくFBIが乗り込み、サラがクリスティーナを殺人容疑で逮捕してしまうところから物語ははじまる。

 

弁護士の話では予想される刑期はは25年から終身。証拠映像にはサラが発砲した部分しか記録されておらず、正当防衛を証明するのは不可能だった。彼らの免責を良く思っていなかった何者かが陥れたのだろうという見解だった。

 

サラが収監された刑務所にはグレッチェンも収監されており、男子棟にはにはティーバッグ、クランツ将軍も収監されていた。

 

死刑が確定していたクランツはマイケルへの恨みからサラを道連れにしてやろうとグレッチェンにサラの暗殺を依頼。その後サラの食事に毒物が混入されてしまうが、一口目で異変に気が付いたサラはすぐに吐き出し、医務室で胃洗浄の処置を受け一命を取り留めた。

 

この事を知ったマイケルは一刻も早く助け出さなければサラもお腹の子供も殺されてしまうだろうと、早急にサラを脱獄させる計画を立て準備をはじめた。

逮捕の場面に居合わせたスクレ、リンカーンも協力し刑務所の監視カメラ、フェンスの位置関係を確認する。

 

その後監視付きではあったが面会が許され、脱獄させるつもりであることを監視に悟られないよう遠まわしな表現でサラに伝えた。

 

サラはフォックスリバー8の脱獄を手伝った女として知られてしまっていたため、ただでさえ刑務官に目をつけられ暴行を受け、サラを良く思わない囚人も多かった。

その上、暗殺失敗を知ったクランツに10万ドルの懸賞金をかけられてしまう。

 

グレッチェンはサラが脱獄するつもりであると勘づき、護衛するかわりに自分も一緒に連れていくようサラに頼んだ。グレッチェンには数えきれないほどの恨みはあったものの、自分の身とお腹の子供を守るため、仕方なく手を組むことに。

その頃マホーンをFBIに復職させるべきかという会議が開かれていたが、それは表向きで本当はマイケルがサラを脱獄させないよう見張り、そこで手柄をあげれば復職させてやるという取引きのようなものだった。

 

マホーンがマイケルたちを売るような真似をするはずもなく、逆にFBIを欺くためマイケルたちが最初に見つけた監視カメラの死角を敢えて報告し、自分がマイケルたちの味方ではない事を信じ込ませた。

 

そしてこの脱獄計画にはティーバッグの協力も必要だった。報酬5千ドルで指定した時間に火災報知器を作動させるよう頼むが、クランツがサラの懸賞金のために用意した10万ドルを奪ってそれを自分の口座に振り込めば協力すると逆にもちかけられる。

 

監視カメラの死角はマホーンの報告により直ちに修繕されてしまったため、パラシュートを使って刑務所内に侵入し、教会へ向かう計画に変更。過去の暴動以来、教会の地下には刑務官専用の避難ルートが作られており、そこを利用して脱獄することに。

 

↓おすすめのオンライン動画サービスを知りたい方は↓

映画_VOD
【暇人必須の動画配信サービス】どれを選べばよいかわからない人は『無料』ですべて使えばOK!

『ファイナルブレイク』最終回ネタバレの内容

準備が整ったマイケルは再びサラと面会し、脱獄の待ち合わせ場所が教会である事を暗号で伝えた。

 

脱獄の決行日。サラとグレッチェンは教会に向かうためわざと食堂で暴動を起こし、看守の鍵を盗み出す。騒ぎに乗じてキッチンに隠れ、隙を見て裏口から外へ走る二人。

だがグレッチェンが見回りの刑務官に見つかってしまう。仲間はいないのかと問いただされたグレッチェンだったがサラの事は隠し通した。

 

マホーンの提案でパラシュート計画をFBIに密告したように見せかけ、中庭で待ち構えるFBIや刑務官たちがパラシュートに気をとられている間にマイケルが刑務所へ侵入する計画に変更していた。

この作戦はうまくいき、マイケルは刑務所への侵入に成功。すぐに教会へと向かった。

 

マイケルとサラは無事に合流。ティーバッグには約束の10万ドルを敢えて振り込まず、火災報知器の件を密告させるのが目的だった。案の定ティーバッグはマイケルが火災報知器を作動させて欲しがっていることを刑務長に密告し、即座に火災報知器はオフにされた。

 

これがマイケルの計画だった。バーナーで鍵を破壊し地下の通路に進み、次の扉の電子ロックを解除するためのカードも用意してあった。

だが電子ロックの解除には失敗してしまう。追っ手がすぐそこまで迫っている中、マイケルは大元である電力機をショートさせ電子ロックを解除するしか逃げる方法は無いと判断。

 

マイケルがショートさせ、その間にサラに逃げるよう説得する。

そんなことをすればマイケルの命が危険だったため拒否するが、サラのお腹に手を当てこれが唯一の方法だと言うマイケルにサラは従うしかなかった。

 

これによりサラは脱獄に成功したが、マイケルが戻ることは無かった。

 

その後、もしもの時のためにマイケルがマホーンに託していた封筒とDVDをサラとリンカーンが受け取った。

電子ロック解除の失敗は想定内であり、最初からマイケルは覚悟を決めていたのだ。そしてクランツ将軍から奪った10万ドルもサラに渡るように手配してあった。

 

封筒にはマイケルの脳腫瘍が再発したことを示す診断書が入っていた。そしてDVDにはマイケルからのメッセージが録画されていた。

自分に残された時間は短いからサラと子供のために覚悟を決めたこと、サラとリンカーンにはお互いを気にかけ守り合ってほしいという内容だった。自分がいなくなっても、そのうち自分の分身が駆け回ることになるだろうと二人を励ますマイケルらしいビデオレターだった。

総評、筆者の個人的な感想

マイケルの持ち味は頭が良いだけでは無くて、仲間や家族を本当に大事にするところなんだなぁと今回改めて感じました。それが無かったら今回のマホーンの協力は得られなかっただろうし、サラは救えなかったと思います。

 

そしてティーバッグの裏切りが作戦の一部というのはまさに経験のなせる業で、流石という感じです。

グレッチェンがサラを逃がしたのは本当に意外で、自分を見つめなおして少しは改心したようにも見えました。それに引き換えクランツ将軍は最後の最後まで自己中心的でどうしようもない人間で、捕まって本当に良かった!

 

これまでずっと自己犠牲をいとわないマイケルでしたが、今回の行動は犠牲というより究極の愛なのだと感じました。

 

プリズンブレイク、ファイナルブレイクが見れるのは、「Hulu」と「Amazonプライム」!

ネタバレを読んで気になったという人は、ぜひご利用ください!

 

\Amazonプライムでおすすめの動画見放題/

 

\Huluなら2週間無料でドラマ・アニメが見放題/

韓流バナー

\見たいドラマ・映画を探してみよう/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA