お仕事依頼はこちらから!

【プリズンブレイク シーズン3 最終回ネタバレ】見つかれば即射殺……命懸けの脱獄計画!昨日の敵は今日の友となるのか!?

VOD

ウェントワース・ミラー主演。無実の罪で死刑宣告を受けた兄を脱獄させるため自ら同じ刑務所に投獄された弟。

見事に脱獄を成功させるが、逃亡生活は壮絶なものとなった。家族、仲間を失いながらも、やっとの思いで無罪を勝ち取った矢先、今度は弟が逮捕されてしまう。

 

VOD
【プリズンブレイク シーズン2 最終回ネタバレ】脱獄はゴールでは無かった!次々と消されていく仲間達…。政府、FBI全てを敵に回した兄弟の運命は!?

 

\Huluなら2週間無料でドラマ・アニメが見放題/

韓流バナー

\見たいドラマ・映画を探してみよう/

\Amazonプライムでおすすめの動画見放題/

『プリズンブレイク シーズン3』これまでの簡単なあらすじ

極悪人の巣窟、SONAへ収監されたマイケル。ベリック、マホーン、ティーバッグも同時に収監されていた。

このSONAは一年前に起きた暴動がきっかけで政府から見放されており、看守は不在で刑務所の外に軍の監視が置かれていた。

ここを仕切っているのは麻薬王ルチェロ。多くの部下やコネ、あらゆる力を持っている彼に逆らえる者は居なかった。

ルチェロはマイケルのカリスマ性に嫉妬心を抱いており、早速目をつけられてしまう。

言いがかりをつけ部下に殺させようとするが、ここでマイケルを救ったのはマホーンだった。陥れられ恨んではいたものの、ここを出る為協力しようと持ちかける。

最初に悪態づいたベリックはひどい扱いを受け、ティーバッグはルチェロの取り巻きとなった。

外ではリンカーンがマイケルを救うため動いていた。そこに接触してきたのがマイケルをSONAへ送り込んだ組織の工作員グレッチェン。LJとサラを人質にとり、引き換えにSONAに収監されているウィスラーという男を1週間以内に脱獄させるよう要求したのだ。

甥と愛するサラを救うため、脱獄を決意したマイケル。

まずは1年前の暴動以来止められていた水道を開通させルチェロに恩を売った。

そしてウィスラーを見つけ出し、マホーンとは手を組むように見せかけた。

この頃、マホーンは常用していた精神安定剤を切らし、まるで別人だった。被害妄想に取りつかれ挙動不審で仲間にするのは得策では無かった。

3日経ってもまるで脱獄の見通しがつかないマイケルは、生存確認のために受け取ったLJとサラの写真から居場所のヒントを得る。リンカーンが救出に向かうも、グレッチェンに見破られ失敗。グレッチェンは今後二度と勝手な行動をとらせないようにと、見せしめにサラの首が入った箱をリンカーンに送りつけたのだ

大切な甥の命も危険にさらされ、悲しむ時間など無かったマイケルは感情を押し殺し、脱獄準備を進めていく。

義理堅いスクレはリンカーンに協力し、ウィスラーの恋人ソフィアも仲間に加わった。

スクレはSONAの墓掘り人として雇われ、マイケルの指示通り死体の腐敗臭を抑える薬品を高圧電流の通ったフェンスにも撒き、少しずつ鉄を溶かした。

まともな脱獄計画を立てられないまま時間だけが過ぎ、脱獄当日。

監視塔からの監視を妨害した数分間でフェンスへ走るという、ほとんど運任せのような脱獄計画は失敗に終わってしまう。

この時マホーンはFBI時代の部下に司法取引を持ちかけられ不在だった。精神不安定で支離滅裂な証言をしてしまいSONAへ戻されてしまうが、その後息子キャメロンの写真を見て徐々に正気を取り戻していく。

脱獄失敗を受け、組織のトップであるクランツ将軍はグレッチェンに新たな命令を下す。それは、ヘリを飛ばし刑務所の上からウィスラーを脱獄させようという強引なものだった。

この計画は阻止できたものの、二度の脱獄騒動の犯人とされたマイケルとウィスラーは指揮官に連行され、脱獄の手引きをした人物について追及される。

下手な事を言えばLJの命が危なかったが、炎天下のサウナのような場所に監禁されたマイケルは観念して、これまでの全てを話した。

指揮官はすぐにグレッチェンを見つけ出し拷問にかけた。そして観念したかのように見せかけたグレッチェンに、LJの元へ案内すると言われ出て行ったきり帰ってくる事は無かった。

この頃リンカーンとスクレはグレッチェンを出し抜こうと様々な作戦に出るが、ことごとく失敗。ソフィアはウィスラーが借りているアパートから別人の名前が載ったパスポートを発見し不信感を抱き始める。深入りするなとグレッチェンから忠告を受けるが、それを無視したソフィアは人質にとられてしまう。

脱獄騒動や囚人間のトラブルで次第にルチェロへの風当たりは強くなり、中でも一番の部下でもあったサミーが強く反発し始めていた。

ボスの座を奪われるのはもう時間の問題という状況もあり、ルチェロも脱獄に加わる事に。

ルチェロが加わったことで1年前の暴動以来、使われていなかった地下通路の存在を知ったマイケルは、その地下からの脱獄を考えた。

一方サミーの怒りは頂点に達していた。トラブルを起こすマイケルに何の制裁も加えず、ボスとしての責務を果たさないルチェロに銃を突きつけたのだ。ボスの座はサミーに奪われてしまう。

マイケルを殺そうと躍起になっているサミーは、地下で作業中だったマイケル達の前に現れ、脱獄の事を知る。地下から上の緩衝地帯に向かって掘っていた穴が崩れるようにとっさに細工し、サミーは生き埋めとなり死亡、その仲間もルチェロによって射殺された。

この後、ずっとマイケルたちを嗅ぎまわっていたティーバッグとベリックが強引に脱獄に加わり、さらにマイケルの計画に何かと協力してくれたマクグレディも引き入れる事となった。

穴は完成し、準備は整った。

停電を起こし、電気が止まっている30秒で緩衝地帯を駆け抜けるというマイケルの計画にルチェロ、ティーバッグ、ベリックは我先にと慌てて駆け出し、電気が復旧しすぐに見つかってしまった。

だが、これがマイケルの作戦だった。

この脱獄騒ぎに乗じて逃げるのが本当の作戦で、マイケル、マホーン、ウィスラー、マクグレディは遂に脱獄に成功した。

海に向かったマイケルたちはリンカーンと合流。そこから少し泳ぎ、スクレがボートで迎えにくる手筈だったがなかなか現れず。

スクレはSONAで足止めされ動けない状態だったのだ。

だが早めに様子を見に来たマクグレディの父親がボートが出ていない事に気が付き、無事に4人を救出した。

マイケルたちは指定した倉庫へ向かいグレッチェンの到着を待っていた。しかしここでリンカーンは父親の敵をとろうとマホーンに銃を向ける。

だがこの隙を突いたウィスラーは逃走し、マホーンも姿を消す。

『プリズンブレイク シーズン3』最終回ネタバレの内容

すぐに追いかけウィスラーを確保するが、その間にグレッチェン達が到着してしまい、安全とは言えなくなった倉庫での人質交換は中止に。

ウィスラーを引き渡せば用済みのマイケル達は殺されてしまう可能性が高い為、慎重に次の場所を選ぶ。

次に指定した古美術博物館で無事にLJとソフィアの奪還に成功。

今回の事でウィスラーを信じられなくなったソフィアはリンカーンの元へ。

案の定、全ての出入口で銃を持ったグレッチェンの仲間が待機していた。マイケルは警報装置を作動させ警察を呼ぶことで安全を確保した。

一方SONAでは、脱獄に手を貸したとしてスクレが厳しい尋問を受けていた。

銃を突きつけられ生き埋めにされそうになっても断固として口を割らず、そのままSONAへ収監されてしまう。

そして重症を負ったルチェロにとどめをさしたティーバッグが独裁者を葬った英雄として祭り上げらた。

ようやく目的を果たしたマイケルだったが、ここに居るはずのサラが居ない。これまで抑えてきた感情が一気に湧きあがったマイケルはグレッチェンへの復讐を決意する。

 

シーズン4へ

総評、筆者の個人的な感想

フォックスリバーがまともな刑務所だったんだと思えるくらい、SONAは酷い所でした。理不尽で不衛生でまともな食事もない……。普通なら脱獄どころか生きていくのもままならないと思います。でも脱獄しないと大切な人を二人も失う事になるし、極限の精神状態の中脱獄を成功させたマイケルは本当に凄いの一言です。

SONAでの見どころは脱獄計画は勿論ですが、同時期に収監されたベリックとティーバッグの対照的な行動も面白かったです。ティーバッグは元々そこに居たかのようにスッと馴染み、かたや最初にちょっと逆らってしまったベリックは水も貰えず薄汚れた下着姿でウロウロと。刑務長として威張っていた頃の見る影もないみすぼらしい姿には少し同情してしまいました。

そして命をかけて友情を守ったスクレの男気は本当に素晴らしかったです。

最後までウィスラーは謎に包まれたままで、味方では無いと思うけど結局何者なのか?はっきりしないまま終わってしまい、そこも凄く気になります。

 

プリズンブレイクが見れるのは、「Hulu」と「Amazonプライム」!

ネタバレを読んで気になったという人は、ぜひご利用ください!

 

\Amazonプライムでおすすめの動画見放題/

 

\Huluなら2週間無料でドラマ・アニメが見放題/

韓流バナー

\見たいドラマ・映画を探してみよう/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA