お仕事依頼はこちらから!

【ファイルが消えた時の復元方法】無料データ復旧ソフト『EaseUS Data Recovery Wizard』を使って対処できるのか!?

データ復元ソフト

パソコンは非常に便利なもの。WordやPowerPoint・エクセルなどを日常的に使う人も多いのではないでしょうか。そのほか、一眼レフで取ったお気に入りの写真、携帯のバックアップ(写真や動画)やメモ帳の機能を使うなんて人もいるでしょう。

 

しかし、

 

パソコンを使っていて誤ってデータを削除してしまった……

予期せぬパソコンのエラーでデータが飛んでしまった

 

なんてこととも隣りあわせです。

 

もし消えてしまったら…と考えるだけでも怖い。仕事でもプライベートでも非常に大切なデータだから復元したい……というのは当然だと思います。

 

そこで今回はデータ復旧ソフト『EaseUS Data Recovery Wizard』を使用して、削除されてしまったデータは復元できるのか試してみました。

 

公式HPで確認したところ、復旧率は驚きの97%越えとのこと。果たして失われたデータは本当に戻ってくるのか! 実際に使ってみた感想(良い所、悪い所含め)を書いていきたいと思います。

 

※本記事は『イーザスソフトウェア』様からご依頼を受け、執筆しております。使った感想などは悪い点含め自由に書いていいとのことでしたので、使用した感想をそのまま書いております。

『EaseUS Data Recovery Wizard』で復元できるデータは?

データ復元

そもそも、データ復旧といってもどんな形式のファイルデータが復元できるのか気になります。『EaseUS Data Recovery Wizard』を使って復元できるデータの種類を調べてみました。

ちなみに私が今回復元したいデータは撮影データです。普段はzipファイルにして長期間保存しておくのですが、何を血迷ったか削除してしまいました。写真は2度と同じものが取れないのでぜひとも復元したいところです。

 

ということで、『EaseUS Data Recovery Wizard』で復元できるデータは以下の通りでした。

easeus

 

●写真データ:JPG/JPEG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR, DNG, WMF, RAW, SWF, SVG, RAF, DWGなど

●音声データ:AIF/AIFF、M4A、MP3、WAV、WMA、APE、MID/MIDI、OGG、AAC、RealAudio、VQFなど

●動画データ:AVI、MOV、MP4、M4V、3GP、3G2、WMV、MKV、ASF、FLV、SWF、MPG、RM/RMVB、MPEGなど

●ドキュメントデータ:DOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、CWK、HTML/HTM、INDD、EPSなど

●その他:Outlook、Outlook Expressなどのローカルメール(PST, DBX, EMLX, etc.)や圧縮ファイル(ZIP, RAR, SIT, ISO etc.)、exeファイルなどの復元にも完全対応しています。

 

 

このような形式のデータに対応しているんだそうです。

 

つまり、だいたいのファイル・データの復旧が可能です!!とのこと。これは使う前から期待が持てますね。

ちなみにHPにも書いてありましたが、システムクラッシュ後の復元やウイルスによるデータ策の復元、フォーマットの修復なんかにも対応しているそうです。

実際に失われたデータを復元してみる

ではここからは実際に使い方を見ながら復元していきます。こういう復元ソフトってパソコンに詳しい人じゃないと使えないんじゃないの? って思っている人も多いはずです。画面のキャプチャを取りながら復元の工程を見ていきましょう。

まずは『EaseUS Data Recovery Wizard』を公式サイトから取得する

当たり前ですが、まずは『EaseUS Data Recovery Wizard』を使用するために公式サイトからダウンロードしてください。

無料版と製品版というものがありますが、無料版は復元できるファイルサイズに制限があります。

 

無料版:復元する最大データサイズ2GB

製品版:復元データサイズ制限なし

 

無料版でとりあえず試してみる!というのももちろんありだと思いますが、『EaseUS Data Recovery Wizard』は万が一復旧できなかった際の全額返金保証制度があるので最初から購入してしまっても後悔はしないと思います。

データを復旧したいときは急ぎのケースも多いと思うので、最善は製品版を購入してしまうことだと私は思います。もちろん2GB以内で済むなら無料プランで問題ないです!

『EaseUS Data Recovery Wizard』を起動して紛失データの場所を選択する

easeus2

ソフトを起動すると、上記のような画面が立ち上がるので復元したいデータファイルがあった場所を選択し、スキャンを行ないます。

私の場合はCドライブに保存していたものを復元したいので、この状態でスキャンを実行します。スキャンにかかる時間はスキャンする場所のデータ量やPCのスペックによって変わってきます。私の場合は、15分(115GBほどのデータスキャンで)ほどで完了しました。

スキャンが完了すると、選択したフォルダ先で削除されたデータがすべて表示された状態になります。

スキャンが完了したら復元したいデータを選択する

easeus3

スキャンが完了すると、このような画面が出てくるので復元したいデータを探していきます。

右上に検索枠があるのですがイマイチだな…と思ってしまいました。そもそもファイル名やフォルダ名を覚えていないことも多いと思うので、適当に検索してひっかかったらラッキー!ぐらいな使用用途しかないのかな…と思います。

復元したいファイルを探して選択できたら、後はリカバリーボタンを押下して待つだけです。

easeus5

ファイルサイズが小さかったこともあり、復元は一瞬で完了しました!(ほんとに一瞬)

一通りスキャン~復元までをやってみましたが、非常に簡単でした。難しい操作も一切なく、画面の指示に従って行なうだけなのでパソコンが苦手な人でも使えそうですね。

復元したい画像ファイルはリカバリー前にプレビューすることができるので、本当に復元したいものかどうかの確認も可能です。ただし、zipファイルのように圧縮されているものに関してはできませんのでリカバリーしてから確認する形になるでしょう。

データ復旧したい!という方にはおすすめ

データ復元

何らかの原因で必要なデータを削除してしまって絶望に打ちひしがれている人は、諦めないことです。

今回の検証でわかったように『EaseUS Data Recovery Wizard』を使えば、ほとんどのデータが復旧できます。

 

もし復元しようとしてもやり方がわからない!うまく復元できない!ということがあれば、24時間問い合わせ対応をしてくれるそうですので、そちらも併用して利用すると良いでしょう。

 

データ復旧はいざというときにしか使うことは無いからこそ、信頼できるものをひとつ持っておくと安心です。データ復旧などに困った経験がある方はぜひ『EaseUS Data Recovery Wizard』を使ってみてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA