お仕事依頼はこちらから!

【時間の対価から抜け出せ!】WEBライティングで稼ぐためにタイピングスピードは求めてはいけない。

webライターで稼ぐ

クラウドソーシングが一般的になってきた今、WEBライターという職業を目指す人も多くなりました。

 

ただ、WEBライターだけで生計を立てられる人は少なく、真剣に取り組んでいる方でも、副業としては十分な収入だけど本業だと足りない……そういった金額帯の方が多いのではないでしょうか。

 

もちろん、がむしゃらに時間をかけて書くWEBライターさんでも10万円~20万円は達成できると思います。しかしそれ以上は、難しいというのが私の考えであり、今回のテーマです。

 

そこで、以下のような悩みを抱えている方のためにヒントとなるよう、書いていきます。あくまでヒントなので答えは自分で考えてください。

 

・WEBライターをとりあえず初めてみたけどなかなか稼げない

・遅筆(タイピングが遅い)だから稼げないと悩んでいる方

・どうすれば効率的に稼げるのか教えてほしい

・時間を割けば稼げるのは分かったけど、そこからどうすれば良いか悩んでいる

 

 

私自身がむしゃらに取り組むという経験し、この稼ぎ方を続けていくのは確実に無理だと感じました。少しでも効率的に、頭を使っていくことの大切さを今回は書いていきます。

 

がむしゃらに書いて稼げるのはせいぜい10万~20万円ほど

前述した通り、がむしゃらにライティングの仕事に取り組んで月に稼げる金額は、10万~20万程度だと思います。

 

この幅は、

 

・平日の夜 + 土日を使った副業ライターさん:「10万円ぐらい」

・月に20日程度費やせる本業のライターさん:「20万円ぐらい」

 

という大まかなイメージです。副業、本業と書いてありますがここに大きな違いはありません。ライティングにかけられる時間が異なる、と言うだけです。

 

この数字を見て、今の自分がどの辺のポジションにいるのかわかると思います。みなさんはこの基準(私の感覚ですが…笑)より稼げていますか?

 

 

ただ正直そんなことは特に重要ではなく、どう感じたかが重要です。

 

これより稼げていない……そう感じたときに「時間を何とかしてもっと確保しよう!」「タイピングスピードを上げよう!」なんて思った人は要注意。

 

その考え方、ちょっと待ってください。

 

writer
【頭で稼ぐ】1日1万文字を書くライターになってはならない理由とは
リード文_大切さ
【なぜ記事が読まれないのか】惹きこまれるライティングは導入文・リードで決まる

「時間をかけて」や「タイピングを早く…」これは大きな間違い

webライター_無知

がむしゃらに取り組むという中でも、やはりライティングに取り組める時間は有限です。

 

稼ぎたいからと言って、単純にライティングに取り組む時間を増やそう!とか、タイピングスピードを上げて執筆する文字数を増やそう!と考えている方、その考えは間違っています

 

なぜなら、その考え方は「価値の創造による報酬」ではなく「時間としての対価」でしかないからです。

 

ここで、稼げるライターさんの特徴を分析してみましょう。

【稼げるライターの特徴は?】

 

・他の人が書けない独自性のある文章が書ける

・メディアではなく企業サイトでのライティングを担当している

・取材・インタビュー系の記事を多く手掛けている

・記事構成が非常に長けている・ロジカル

・セールスライティングが書ける

 

こんなところでしょうか。他にも思いついた点があれば教えて下さい。これらの特徴を見てどう感じられるかが稼ぐカギです。

 

webwriter
現役Webライターがおすすめする、稼ぐためのたった3つの方法
WEBライターの生き残り方
『1:3の法則』で優秀なWEBライターになる!【激戦のライター業界で勝ち抜くには?】

稼ぐライターは時間やスピードではなく、「付加価値」で仕事をしている

webライター

稼いでいるライターさんの特徴を見ると、作業時間やタイピングスピードがあるわけではありませんよね。そこに稼ぐというメソッドは存在しないからです。

 

タイピングスピードや時間は二の次。

 

稼ぐライターさんは「付加価値」「独自性」を武器に戦っています。

 

悲しい話ですが、いくらでも代用がキクようなライターさんはいつまでたっても稼ぐことはできません。単価交渉したとしても他のライターさんに頼まれて首を切られるだけです。その点、付加価値を創造するライターさんや独自性のあるライターさんはいなくなられると困るため、交渉にも応じてくれることがほとんどです。

 

単純で当たり前なことですが、これがしっかり理解できているかどうかで未来は変わってきます。

 

具体的なことまでは書くのが難しいので割愛しますが、名前のあるライターさんになってください。Webライターというくくりで、誰でもいいから。という案件ではなく、この文章を書くなら○○さん!!!という依頼が増えてくれば、頼まれる仕事も稼ぎも増えてくるはずです。

 

具体的に悩んでいることがある方は、気軽に相談してくださいね!自分ではわからない特徴や強みが見つけられるかもしれません。

 

フリーライター
たった3つの意識で仕事が貰える!フリーライターの仕事の取り方【直接依頼を得る】
writing
良い文章は○○される文章?良い文章の定義について考えてみた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA