お仕事依頼はこちらから!

【特徴から学ぶ】使えない新人にならないために考えること

仕事ができない

 

今年の新人は使えないな……

 

早朝のフロアでこんな会話が聞こえてきます。

 

「1から言わないとわからないし、言ったこともまともにやらない。雑用だってろくにできない……採用の時になんで見極められなかったんだよ…」

 

そんなことを陰で言われていたたら、どうでしょう?

 

これは毎年繰り返される会話です。新人が使えない…という会話をするのが先輩であり上司です。(経験則)

 

ただ、そんなことで落ち込む前に、どうすれば「使えない新人」に、あなたがならないかを考える方がよっぽど有益です。

 

今回は、使えないと言われてしまう新人の特徴を説明したうえで、対策と考え方について書いていきます。

 

関連記事:「人生楽しい?」の質問に怒る人は、現状を見直した方が良いという話。

関連記事:【特徴と改善】なぜあなたは仕事ができない人なのか?言い訳する前に仕事しろ!

使えない新人の特徴は「すべて指示待ち」

結論から言いますと、使えない新人は「指示を待つ」という特徴があります。

 

・自分から行動しない

・何をすればいいかわからない

・頼まれた作業が出来ないにもかかわらず質問しない

 

などが例として挙げられます。指示は与えられるものだと考えている方が多いですが、指示は貰いに行くものです。

それに加え、会社の先輩たちは新人たちがどのように自分で動けるかを見ている場合も多いです。あえてすべてを話さずに、どこまで自分で出来るのか。できない部分に関しては質問するなり、わかる人に助けを求めるなりできるのか。そんな点を見られていることを知りましょう。

 

一見意地悪に見えてしまう行為ですが、社会に出てまで指示をひたすら待っている人はうまくいきません。会社ってこういうもんだぞ? という先輩からの洗礼だと気づくと、うまく立ち回れるのではないでしょうか。

 

関連記事:仕事ができる人になりたければ、たった3つのことだけ考えろ【仕事論】

使えない新人にならない為には「自分で考える力」を身に着けること

使えない新人は「指示待ちである」という話をしましたが、だからと言ってやみくもに指示を求めるだけでもいけません。

 

・わからないので指示ください!

・どうすればいいかわかりません!

・助けてください!教えてください!!

 

こんな指示の貰い方をしてしまっては、使えない新人の認定をいち早く受けてしまうでしょう。

 

では、どうすればいいかと言うと、

「自分の頭で考えたうえで指示をもらいましょう」ということです。

 

・~の箇所で躓いて、○○と考えたんですが△△がわかりません

・自分は○○って考えているんですが、どうやら少し違うようで…教えていただけますか?

 

こんな質問をもらえば、上司も質問に答えやすく、あなた自身でも考えたということが明確になりますよね。指示を待つだけでなく、最低限ある情報から自分がどう考えて行動したか。そこまで伝えると、快く教えてくれるのではないでしょうか。

自分で考えるために実践すべき「頭の整理」の仕方

自分の頭で考えて行動しろ!というのは簡単ですが、仕事の中で実際に取り組むのは難しいかもしれません。仕事に追われてそれどころではなく、てんぱってしまう新人も多いでしょう。

 

そこで取り組んでほしいのが、「頭の整理」です。

 

会社に入ってすぐ、覚えることがたくさんある状況で効率的に物事をこなしていくのはほぼ不可能です。(それが出来る人はすでに使えない新人ではない。)

 

多くの人が、仕事を与えられるとすぐに作業に取り掛かろうとしてしまいます。しかし、それだと途中で躓いた時には、どこの工程で間違っているのかにも気づけないでしょう。

そうならぬよう、作業前に必ずタスクを整理し、頭の整理をしてから作業を始めてみてください。すると、途中で躓いてしまったとしても自分の考えや予想となぜ違うのかを考えることができます。

 

このように、何かを始めるときには必ずワンテンポ置いて、整理してからスタートすることが大切です。新人のうちは上手くいくことのほうが少ないので、こういった取り組みで自分の頭と仕事のズレを合わせていくのが大切になります。

 

関連記事:【無駄な時間は人生削るだけ】仕事の無駄をなくして効率よく働くことが”仕事を回す事”への近道

新人は頑張りすぎないこと。ひとつひとつを丁寧に学びましょう

最後に。

 

新人のうちは焦ってしまうことも多いと思いますが、初めからスピードを意識する必要はありません。学んでいることの意味をしっかり自分の中に落とし込み、丁寧に取り入れていきましょう。

 

自分ができることやまだできないことを明確にして学んでいけば、数年後・数十年後には明るい未来が待っているでしょう。

 

使えない新人。そんなレッテルを張られないよう、頭を使って学んでみてくださいね。

 

関連記事:【あなたは当てはまる?】仕事の要領が悪い人の5つの特徴と改善策

関連記事:時間を守れない人に共通する5つの特徴とは。これ読んで出直してこい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。