お仕事依頼はこちらから!

【ブラック企業からの転職】明暗が分かれた在籍組vs転職組!

世の中には、ブラック企業とホワイト企業が存在します。

 

ブラック企業と一口いっても、「残業時間が以上に長い」「給料がちゃんと払われない」「有休がとれない」など、いろいろです。

 

ただ、最近増えてきているのが「表面的な残業時間は減らしてるけど、持ち帰り残業が多い会社」です。これが一番厄介だな~なんて感じています。

 

残業は21時までしかできない!けれども、仕事は全部終わらせろ!

月の残業時間は40時間まで!けれども何としてでも仕事は終わらせろ!

 

こんな会社、実際に存在します。こういった場合、従業員がとる行動は「家にパソコンを持ち帰って仕事をする」ということ。残業代も払われないし、土日の貴重な時間を奪われる。

 

それでも、責任感のある方はそんな働き方をしてしまうのです。

転職組と在籍組との違いを感じた飲み会の参加時間

ついこの間、元同僚が転職するということで、最終出社日に飲み会を開催することに。参加人数は10名。そのうち私含めた3名がすでに転職(or独立)していた。

 

飲み会のスタート時間は、20時予定。

 

しかし、そこに時間通り集まれたのは転職組の3名のみ。メンバーを責めるわけでは無いが、約束の時間に間に合わないというのは、だれがどう考えてもNGなこと。きっと子供でも分かることです。

 

ただ、仕事となればしょうがない。そういう、考えが染みついてしまっているんだろう。

 

ちなみに私が会社にいたときは、21時前に飲み会をセッティングすると、上司や周りの先輩から文句を言われていた。

 

「21時より前に帰れるわけないだろ?飲み会の時間もそれ以降でスタートにしろよ!」

 

この言葉は実際に言われたので鮮明に覚えている。

 

この会社終わってる。そう感じていたのもしっかり覚えている。

 

ちなみに定時は17:30。

 

ホワイト企業なら、飲み会のスタートは18時。遅くても19時には飲み会をスタートさせるだろう。むしろ遅い時間にスタート時間をセッティングしたら怒られる(と思う。暇だもんその時間まで。)。

 

この時点で、ブラック企業とホワイト企業では、考え方が違うのだ。

 

結局、元同期のメンバー全員がそろったのは20時から送れること2時間半。

 

22時30分ぐらいだった。

 

まあ、あいかわらず終わってる。

 

パソコンを持ち帰っているメンバーもいれば、フォルダごとコピーして仕事を家でこなすメンバーもいる。しかし、残業代もつかないし、なんの評価にもつながらない。

 

ただただ、きつそうだ。

 

それに引き換え、

 

転職・独立した3人は、時間通り飲み会を開始することもできるし、家にパソコンを持ち帰ることもない。早く帰りたい日には、早く帰ることもできる。(ちなみに給料も高い)

 

それでも、転職せずに頑張っているメンバーがいるのが現状だ。

最終出社日
会社を辞めた人にしかわからない、最終出社日の話

必ずしも転職が正しいわけじゃないけど…

もちろん、必ずしも転職すればいい環境に行けるわけでは無いと思います。

 

ただ、今回のように転職組と在籍組を比べたときに、顔色も生活の余裕もすべてが違うように見えた。(感じた)

 

おそらく本人たちも、それを感じているはず。

 

なのに転職するところまで踏み込めないのは、きっと不安や責任感からなんだと思う。自分がいなくなったら、他のメンバーがきつくなる。やりきってから転職を考えよう。そういう思いがあるんだと思う。

 

しかし、きっとそう考えているうちに、どんどん会社はやめれなくなっていく。

 

理不尽な環境で働いている人はいますすぐにでも転職活動をして、いろんな会社を見てほしい。

 

ひとつの会社のやり方、考え方で、仕事はつまらないもの・辛いものだと感じてほしくはない。

 

転職組の顔を見ればわかると思う。自分がやりたかったことを素直にしている人は、表情が豊かになる。

 

逆もしかり。つまらないと感じながら、辛いと感じながら仕事をしている人は、顔が死んでいく。そうなってはほしくない。

楽しく仕事をすることは無理ではない。自分が納得する道を選んでほしい

楽しく仕事をしよう!というと、そんなきれいごとは通用しない!と必ず言ってくる人がいる。

 

しかし、楽しく仕事をすることはできるし、楽しく仕事をこなしている人も現実たくさんいる。それを知らないだけなのです。少なくとも、私や転職組メンバーは仕事が楽しいと口をそろえていたはず。

 

今回みんなと仕事の話をしている中で、少しづつ前向きな話ができるようになることが、どんなに嬉しいことか気づかされた。その会社にいたころの私は、常に仕事に対する発言は後ろ向き。文句ばかりでつまらない会話ばかりしていた。

 

今は自信を持って言える。

 

前向きに仕事をするのは、本当に楽しいこと。

転職支援サービス【CONECT】

 

business
例え辛くても、なぜ嫌な仕事を辞めることができないのか。
business
会社が辛くて逃げたいあなたに。転職で状況は変わるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。