お仕事依頼はこちらから!

入稿画面で改行整理してませんか?Webライティングはスマホ画面表示の確認必須!

久しぶりにWebライティングについて。

 

最近色んなライターさんが書いた記事を読んだりするんですが、みなさん色々な表現や書き方があって面白いな~と。ただ、そこで毎回気になることが……

 

改行が汚い!

 

そう、読んでいるとどこを読んでいるのかわからなくなる改行だったり、単語が途中で分断されていたり……ここは個性出さなくていいぞ! と内心思ってしまうことがあります。

なぜこんなことが起こるかというと、

 

投稿のプレビュー(PC&スマホ)の確認をしていない

 

のが原因でしょう。改行はしているのに…という人は、おそらく入稿画面で改行を整えてしまっているはず。

本記事では、ライティングにおける超基本的な改行について書いていきます!ライターさんも編集さんもできていない方は、今すぐにでも実践してください。

改行ルールはメディアによってバラバラだけど…

改行のルールって実はメディアによってバラバラ。

しかし、基本的に改行は見やすく段落を作るものであり、読者が読んだときに違和感なく読めればOKだと私は考えています。ここで読者というのは、紙媒体とは違ってPC・スマホがメインになりますよね。

何が言いたいかというと、読者の見る環境によって文章の見え方が違ってくるということです。改行ができていないライターさんはまずこの認識をしましょう。

 

PCで見たときに見え方は大丈夫か?

スマホで見たときは大丈夫?

 

これはWebでライターをやっていくなら超基本的なことです。PC表示は確認しているけど、スマホは確認していないという方は、おそらくスマホでのプレビュー方法を知らないのでしょう。実は意外と簡単にできるので、次項で見ていきます。

PCでスマホ画面を表示(プレビュー)する方法

PCでスマホ表示(プレビュー)する方法はすごく簡単です。やり方は以下の通り。

①プレビューボタン押下でいつも通りプレビュー。

②デベロッパーツールを開いて、スマホ表示

凄く簡単ですね。ただ、デベロッパーツールって???となっている人もいると思うので、写真付きで説明していきます。

プレビューする

改行ルール

いつも通り、プレビューの画面が開きますよね。

デベロッパーツールを開いて、スマホ表示する

問題のデベロッパーツールですが、Windowsでは「F12」ボタン押下。Macでは「command+option+I」押下らしい。私自身はMacユーザーではないので、Macのキーが間違ってたらすみません。開けなかったらググってくださるとうれしいです。

デベロッパーツールの開き方

これがデベロッパーツールを開いた状態です。右側もしくは下部に、よくわからないプログラムが書かれている画面です。わからなくて良いので、とりあえず無視しましょう。

重要なのは、画像の赤く囲った部分。理解が早い人はわかると思いますが、「ていっていっ」ってやるとスマホの画面が表示できます。これによって、スマホ画面でも自分の記事がどのように表示されるのか、公開前に確認することができますね。

 

では、実際にスマホ表示とPC表示、そして入稿画面でどのような違いがあるのか見てみましょう。

※説明は、ブラウザGoogleChromeでしております。

 

【PC・スマホ・入稿画面】改行の見え方の違い

それでは、PC・スマホ・入稿画面それぞれの改行の見え方の違いを見ていきましょう。

改行によって読者の離脱率は大きく変わってきます。今回は短い文章で検証していますが、文章が長くなればなるほど読みづらさは露呈するので気を付けることが大切です。

では早速、見ていきましょう!

文と文の間をあけない改行

★入稿画面です

改行ルール

 

★PCでのプレビューです

改行ルール

 

★スマホでのプレビューです

改行ルール_スマホ

文と文の間をあける改行

★入稿画面です

改行ルール

 

★PCでのプレビューです

改行ルール_PC

 

★スマホでのプレビューです

改行ルール_スマホ

入稿画面での見やすさ重視で改行した場合

★入稿画面です

改行ルール

 

★PC画面でのプレビューです

改行ルール_PC

 

★スマホでのプレビューです

改行ルール_スマホ

文と文の間をしっかりあけた改行を行いましょう

PC・スマホのプレビューを見ていただいたと思いますが、やはり「文と文の間をしっかりあけた改行」が一番見やすかったのではないでしょうか?

どんな改行がいいのかは、もちろん記事によって変わると思いますが、一番はスマホでの見やすさ重視が良いと思います。当ブログのユーザーも9割近くがスマホですし、多くのメディアでも同じようなことがいえるからです。

もし、スマホでの記事プレビューをしていないという方がいれば、今回の記事を参考にしてみてくださいね! それだけでもきっと、読者の離脱率をぐっと下げられるはずです。

 

webwriter
現役Webライターがおすすめする、稼ぐためのたった3つの方法
webライター・編集
【Webで生きていくには】ライターと編集者の関係はハムより薄い?
稼げるライター
【Webライター】稼げるライターと稼げないライターのたった3つの違いとは?

 

 

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。