2018年もよろしくお願いいたします!!

【あなたは当てはまる?】仕事の要領が悪い人の5つの特徴と改善策

早速ですが、仕事の要領が悪い人って周りにいませんか?

そんな人と仕事をしていると、伝えたい内容がうまく伝わらなかったり、言わなくてもわかるようなことすらわかっていなかったり……様々な障害が生まれてしまう事があるはずです。

今回は、私が今まで仕事をしてきて要領が悪いと感じた人の特徴を5つ書いていきます。当てはまった人は、どうすれば改善できるのかを考えて行動してみましょう。

1.無駄なところに時間をかけがち

要領が悪い人は、無駄なところで丁寧に取り組み、無駄な時間をかけてしまう傾向があるように感じます。また、自分の中でのこだわりが強く、常に完璧を求める傾向にあります。生真面目で、馬鹿正直な人に多い傾向です。

例えば、業務を遂行する上で最善の方法が目の前にあるにもかかわらず、これまでの方法にこだわって最善策を見れないような人です。今までの方法がこうだったから、絶対この方法でなくてはいけない!というような、固まった考えをしてしまいがちです。

逆に要領が良い人は、常に無駄な仕事や作業を減らすことを考えています。そういった行動の繰り返しが、時間内でこなせる仕事量に繋がり、最終的には利益に直結するのです。

あなたの完璧は、ただの自己満です。相手の求めている最終的なものをしっかりと見て効率的に仕事をすると良いでしょう。

2.ちょっとした事でパニック(慌てる)

要領が悪い人ほど、ちょっとした変化や軌道修正が下手な傾向にあります。これは、常に最終的な一点だけを見て、真面目に真面目に仕事を進めてしまっているからです。行きつく先は一緒なはずなのに、「変化」という言葉にめっぽう弱く、ちょっとした軌道修正ができず思考回路がすぐにショートしてしまいがち。考えることを放棄してパニックを起こしてしまう人も多いように思います。

少し冷静に考えてみれば大した変化ではないことに気づけるはずなのに……

まずは自分の頭の中を冷静に整理することから始めると、仕事がうまく回るはずです。常に忙しい忙しいと思っている人は特に考え直してみてください。

3.計画を立てるのが下手

複数の仕事が溜まっていると、いろんなものに手を出してテンパってしまいがち。計画的に仕事を進めることが出来ず、今何をしたら良いのか明確になっていないのではないでしょうか。

マルチタスクで仕事をこなせる人なんてほとんどいません。特に要領が悪いあなたにできるはずがないのです。まずは、仕事をこなす順番を考え、落ち着いて進めてみてください。

緊急度、仕事量、重要性を明確にすると、計画が立てやすくなりますよ。

4.一生懸命が目的になっている

要領が悪い人は目的を見失い、いつの間にか「一生懸命やること」がゴールになってしまいがちです。例えば、今年は一生懸命やったからOKと納得してしまっている人。実績や結果、数字としてはどうだったのでしょうか?そこから何を学んだのでしょうか?

厳しいことを言うようですが、一生懸命やるのは仕事として当たり前。むしろ当たり前というより最低限できなくてはいけないことです。

高みを目指しているつもりで「一生懸命」やっているのかもしれませんが、知らぬ間に結果を度外視し、妥協しているだけのように感じます。一生懸命やったうえで、結果を残す。結果を残せなかったら、一生懸命の方向が間違っているという事。

そういう考え方にシフトするとうまくいくかもしれませんね。

5.相手の言っている意味が理解できていないのに理解してるつもり

要領が悪い人の最大の欠点は、相手が伝えようとしている内容が理解できないという事です。自分は理解しているつもりでも、全くトンチンカンな理解をしてしまっているなんてこともあります。

当然言わなくてもわかるであろうことすら理解できていないために生じることが多く、メールやチャットだと相違が出てしまう事も沢山あるはずです。

それでも要領の悪い人は気づかないので、相手は諦めてあなたに頼むことを辞めてしまいます。厳しいようですが、仕事はそういうもの。

なぜ相手がこんなことを言っているのか、根本的な意味を自分が理解できているのかをしっかり考えてみると改善できるかもしれません。相手の立場や状況まで把握すると良いですよ。

要領が悪いと相手をイライラさせてしまいます

要領が悪いだけで、相手はイライラしてしまいます。

仕事をうまく進めるためには、すべての人がスムーズに仕事をこなす必要があるからです。今回の5つの特徴に当てはまった方は、改善策をしっかり考え、明日からでも実践してみましょうね!

 

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。