2018年もよろしくお願いいたします!!

会社からの資格取得の強制は違法ではないのか?【受かったら返金はNG?】

資格

こんにちははなゆうです。

 

突然ですが、

みなさんはどんな資格をお持ちでしょうか。私もいくつか資格を持っていますが、資格が役に立ったという経験は、ほとんどないのが正直なところ。。。ただ、社会人になったタイミングで会社から資格の取得を義務付けられて取ったものがちらほら。自主的にとった資格ならまだしも、取れと言われて意味も分からずとった資格など、捨てても良いぐらいの価値しかないのではないでしょうか。

そして最近、「会社だからと言って資格を取ることを強要して良いのか?」という疑問が今さらながら浮かんできました。

 

資格の取得には時間も労力もかかるもの。終業時間外で勉強させられて

 

取得して来い!とれなかったら給料減らすぞ!!

取れたとしても給与アップはないけどな!!!!わははははは!

取れた時だけ受験費用返してやるよおおおお!!!おらああああ!

 

って普通なのでしょうか。

 

今回はそんな資格の取得につて調べてみました。

会社からの資格取得の強要は違法?

資格

結論から言えば、会社からの資格取得の強制は違法にもなりかねないし、違法でもないという曖昧な感じのようです…すみません中途半端で(笑)

ただ、いろいろな状況を考えると、やはり私は資格を強制させられるのはおかしいのではないかと思いますので、もう少しお付き合いください。

資格の取得にかかるものは経費で会社持ちが当然

資格の取得にかかる費用(受験費や勉強代)は、業務命令である以上会社が経費として支払うのが当然だと言われているようです。ただ、業務上必要になった資格の費用を会社が負担しなければいけないという法律は無いよう。逆に就業規則などに従業員が負担する旨が書いてあれば、会社側は全く払う必要はないそうです。

業務時間外での勉強時間は労働時間とみなされる可能性も

資格を取得する場合、業務時間内に勉強させてくれるような会社は恐らくほとんどないでしょう。ただ、仕事に必要な資格を業務時間外に勉強するという行為に納得いかない方も多いのではないでしょうか。自分が自ら望んでキャリアアップの為に勉強するのではなく、強制的に取らされる場合は特に。

ただ、この時間外での勉強の強要は労働時間内でやるべきだとされる可能性があるそうです。もちろん他の業務をしながら資格の勉強を労働時間内にすることは難しいかもしれません。ただ、そんな時の為に残業という制度が使われるべきではないかと私は思います。普段から残業ありきで仕事をするのではなく、こういったステップアップの時間として残業が使えたら、会社としても従業員としてもありがたいのではないでしょうか。

合格したら「受験費返金」はNG

資格

私がいた会社も実はそうだったのですが、受験費は先に自分で払い、合格したら会社が返金してくれるという制度。これはどうやらNGのようです。業務命令によって資格の取得を行なう場合、会社側が負担するのが当たり前だからです。

当然、適当に受けて落ち続けることで会社に迷惑をかけることは、人間的にNGだとは思います。ただ、難しい試験の場合、受験費が高額(受験費が10万円程かかる資格もありますよね?)であったり、難しいがために何度も落ちてしまう場合もあるかと思います。その度に自費で負担させられていたら、たまったもんではありませんよね。

実際に仕事に役立つ資格とは?

少し脱線しますが、実際に役立つ資格とはどんな資格なのか考えてみました。

役立つ資格ランキング1位の「日商簿記2級」

会計や経理に触れる方にとっては無ければならない資格です。毎年就職に役立つ資格ランキングの上位にいる資格。

その他にも、株式投資を行なう上での知識も身に付けられるので取っておいても良いかと思います。2級から格段に難易度が上がるので、試しに3級から受けることをおすすめします。

日商簿記3,2、経理の仕事に役立つ150以上の動画を学ぶサイト【Accountant’s library】

間違いなく需要のある英語資格「TOEIC」

もはや説明不要の英語の資格でもある「TOEIC」。会社の入社条件や昇進の条件としてTOEICの点数を課す企業も多いですよね。

これからの時代、英語ができる人の方が間違いなく重宝されます。この機会にぜひ英語に触れてみるのもよいのではないでしょうか。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

資格取得は自主的に!本当に必要な物だけ!

資格の取得を会社から強制的に迫られたとしても、それは役に立つとは思えません。自分のためだと思えなければ、勉強も1次的な知識を蓄えるだけになってしまい、結果として無駄な時間になってしまうでしょう。

もし何か資格を取るのであれば、自分にとって将来的に必要となるものかどうかをしっかりと見極め、取得することをおススメします。

 

TOEICは取ったけど話せない、、、そんなあなたに【TOKKUN ENGLISH】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。