お仕事依頼はこちらから!

時間を守れない人に共通する5つの特徴とは。これ読んで出直してこい

こんばんは。今この記事を読んでくれているあなたは時間を守れる人でしょうか。それとも時間を守ることすらできない人でしょうか。あなたのまわりにも時間を守れない人って、いますよね?

今回は、私がこれまで感じてきた時間を守れない人の特徴を書いていきたいと思います。これを読んで少しでも改善していただければと思って書きます。

 

そもそもなんで時間を守れないのか?

どちらかといえば時間に細かい私から言わせてもらうと、そもそもなんで時間を守れないのかが全く理解できません。決められた時間や約束時間が決まっているにも関わらずその時間に当然のように遅れてくるのはなぜでしょうか。いくつか原因を考えてみました。

遅れることへの罪悪感が無い

昔から時間に遅れて集合しているため、遅れる事への罪悪感が無くなってしまっている人も少なからずいるようです。

 

遅れた事を叱ったとしても、「少しぐらいいいじゃん!そんな焦らず!」なんて罪悪感の無い発言をしたり…。そんな人もいますよね(苦笑)

 

傍から見れば非常に自分勝手で悪い習慣だと思いますが、本人は何も感じていないようです。

自分が待つのが嫌だから

こんな理由で遅刻する人もいるようです。とても自分勝手な意見ですが、確かに待つのが苦手な方もいるでしょう。

 

「待ちたくない→時間ちょうどに着きたい→ぎりぎりに家を出よう!」

 

という考えのようです。時間ぎりぎりに家を出ようとすれば何か小さなハプニングがあれば当然時間に遅れてしまいますよね。

完璧主義である

身支度をしているときにどうしても自分のこだわりが強く、なかなかうまく決まらない…なんて人もいます。女性であればメイクやヘアセット、男性もヘアセットや服装で決まらずに何度もやり直しをする人もいますよね。

 

これは完璧主義という性格が悪い方向に働いてしまっている例です。自分の中での自分の理想像に近づきたいという願望も強い方だと思います。

時間を守れない人の特徴

時間を守れない人は、同じような特徴があります。あなた自身、もしくはあなたのまわりでこんな特徴の人はいないでしょうか?見ていってみましょう!

特徴①:家の時計がなぜか15分進んでいる

これ本当に理解できないんですけど、家に遊びに行くと時計がずれているんですよ。15分ぐらい進んでるんです。「あれ?時計狂ってるよ!」と伝えても、わざとだから気にしないで15分マイナスした時間で考えて!

 

・・・・・・ん?

 

 

は???

 

 

は??????

 

 

はああああ?????

 

 

彼らは未来を生きているのでしょうか。

 

もういっそのことタイムリープしてくれ。

 

彼ら曰く、15分進めておくと焦っても、「まだ15分ある!まだまだイケるぞおおお!!」って思えるみたいです。ちょっと私には理解できません。頭の中のぞかせてほしい。

特徴②:とにかく私生活がだらしない

正直、これに尽きると思います。

 

普段の生活がしっかりしている人は、基本的にめったなことがない限り遅刻なんてしません。

 

私が今まで関わってきた時間を守れない人達は間違いなくだらしない人達でした。

 

部屋が汚い・洗い物を溜めておく・着たものを脱ぎ散らかすなどなど。

 

生活がしっかりしていない人は、俗にいう適当星人が多いですよね、そのため、時間にも非常にルーズになり、自己中心的な生活をおくってしまうのでしょうか。

 

とにかく私生活を改めてみることから始めましょう。

特徴③:間違いなく仕事も出来ない

これはよく言われていることだと思いますが、時間を守れない人は仕事ができない人が多いように思います。

 

時間という軸をもって仕事をしている人は常にテキパキ仕事をこなしていますよね?時間を守れない人は常に、後に後に仕事を伸ばして結局やりません。仕事の期限(時間)が知らぬ間にどこかに行ってしまうのでしょうか。

 

ちなみに時間を守れない人は、共通して連絡も遅いように感じます。時間にルーズなのが原因なんでしょうねきっと。

 

不思議です。仕事頑張りましょう。

特徴④:仕事では時間を守ると言い張る

プライベートで会う予定をしていて時間に遅れてきた場合に、「お前そんなので仕事大丈夫?」と聞くと必ずと言っていいほど、

 

「仕事ではちゃんと時間守るし!」

 

となぜか若干切れ気味で突っかかってきます。もう思考回路が謎です。仕事で時間が守れるならプライベートでも時間守れますよね。

 

遅れてくるあなたが悪いということをまず自覚してください。それからにしましょう話しをするのは。まずは謝ることから始めましょう。小学生で教わりますよ。

特徴⑤:何度言っても直らない

何度も何度もこっちから解決策を出しても直らないというのも、遅刻魔の特徴でもあります。

 

別に遅刻すること自体はたまにはしょうがないと思いますし、何か原因があれば別にしょうがないと思うんですよ。ただ、彼らは毎回遅れてくるわけで。

 

「前日に着る服を決めましょう」

「前日に乗る電車を調べましょう」

「15分前に着く時間に家を出ましょう」

 

と幼稚園児を相手しているのかと錯覚してしまうぐらい丁寧にアドバイスをしてあげてもなぜか実践できない。

 

もう完全にお手上げ状態です。今度から遅刻するようだったら集合の1時間前ぐらいを伝えればよいのですかね?誰か教えてください……

結論:時間を守れない人は、相手の事を考えよう

時間を守る側の私達にはどうすることもできない。

 

ただこの記事を読んでむかついてくれたなら直してほしい。

 

こっちはあなたの行動にいつもムカついているのだから。あなただけの時間ではなく、私達の時間も無駄にしていることを理解してください。待ってる人がもしも怒ったとしても悪いのはあなたであることも忘れずに。

 

ではよい休日を。

 

遅刻すんなよ!

 

 

 

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。