成長とは、ちょっと無理だと感じたところからもう一歩頑張ってみる事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

成長しよう。

そんな言葉、ありきたりだし今更何も響かない。そして成長するには何をしたら良いのかも明確ではない。

そうやって過ごしていくうちに成長からは逆方向。むしろ「衰退?後退?」してしまうのは怖いな~と思っていた数カ月前。

しかしここ最近、確実に成長していける方法を見つけました。

それは、

無理だ。辞めたい。と思ったところからもう一歩踏み出してやってみる事

これを毎日積み重ねていく事が、成長への一番の近道になるんではないか。と今はではそう思っています。

「一日ひとつだけ、強くなる」という本を紹介した記事で、過去にも似たようなことを書いていますが↓↓この本は本当におすすめです。

【1日ひとつだけ、強くなる。】あなたは毎日成長できているか?
こんにちは。 私は仕事を自分でするようになって毎日やり始めたことをご紹介しようと思います。 それは 「毎日の成長を...

今回はそんな成長についての話。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

そもそも”なぜ成長したい”のか”どんな成長をしたい”のか考えてみよう

人は成長しなければいけないものだと、誰が決めたのでしょうか。別に現状維持でも良いし、後退しても別にいいと思います。

ただ、私は自分がもっと自分自身に自信持てるようになりたいし、誰かの為になりたい。そう思うから成長したいと思うわけです。

なので、私は常にどうしたら成長出来るのかを考えてきました。

もう少し話を進めると、成長とは「出来なかったことができるようになること」だと私の中では定義しています。

「数学のこの問題が解けなかったけど解けるようになった。」
「自分の意見を言えるようになった」
「就職してある程度自立できた」

これらも全て成長。別に成長の大きさもベクトルも関係なく、ただ少しでもできることが増えれば成長だといっていいはずです。

では、今自分にとって成長させたいことは何だろうか。

みなさんも少し考えてみてください。

成長するカギは、1日1つ無理をすること。諦めたい瞬間からあと1歩

私はいくつか成長したいというベクトルはある。

ただ仕事に対してだけ言えば、より効率的に、そして無理なく楽しく。そして将来的に何不自由のない生活を送れるだけ稼ぎたい。というのが目標であり、成長したい形。

これを達成するために私が最近行っているのは、冒頭でも述べましたが

1日1つだけちょっと無理をしてやってみるという事

これはすごくシンプルなようで、とても難しい事です。

たとえば、ライターであれば「一日の執筆数の目標が4記事」であれば、「4記事達成した後に5記事目を書く」という事。これはライターの方ならわかると思いますが、気持ち的にもかなりハードなことですよね。

仕事だけに当てはまるものではありません。

例えば筋トレのセット数でも同じ。目標の3セットをクリアしたら、更にもう1セット、4セット目も行なう。という事です。

このように、1日1つだけで良いので、最終的なものからもう1歩踏み出してみましょう。そうすることで、現時点の自分からは必ず成長できるはず。これをひたむきに毎日続けていけば、過去の自分では考えられないような未来の自分が待っているはずです。

最後に:時には休むこともやっぱり必要。

ただ、がむしゃらに頑張り過ぎることは気持ち的にも健康面でもよくありません。「ちょっと無理する」というのがポイント。本当に無理してはいけません。

諦めたくなった時に、なんでここまでで辞めようとしてるんだろう?と振り返ってみると、意外とまだ頑張れたりするものです。

無理だと思っているラインって、自分の妥協ラインでしかありません。ほかの人からしたら、全く限界ラインじゃないこともあるでしょう。その限界ラインをどんどん引き延ばしていく事が重要なんではないかと私は思っています。

少しづつでも良いので、日々成長。そうやっていけばきっと理想の自分に近づけるはず。少なくとも私はそうやって頑張っていこうと思います!

取っ散らかった文章になりましたが、この辺で!

以上!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る