【塩顔イケメンに俺はなる!】自分をカッコよく見せるより、相手が可愛くいられるように…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちははなゆうです。

このブログを読んでくれている方の男女比はなぜか50:50なんですよ。(女性で読んでくれてる人はよっぽど変わり者

ただ、今回は完全に50%いる女性を完全に無視して、男性側にフォーカスした恋愛についてのお話を少ししてみようかと思います。女性の方は最後まで読んでしまっても見てないことにしていただけると嬉しいです。

さて、早速本題に入りますが、男性のみなさんは好きな人や付き合っている人がいるときに、どんなアプローチをしていますでしょうか。例えばこんなこと?

●服装や髪型をキメル

●自分の過去の武勇伝を語る

●仕事出来るぜ!って話をする

●お金があることをアピール

●イケメン風に振舞う

・・・多くの男性のアプローチはこんな感じですかね?

ただ、これらをひたすらごり押しする人って、きっと上手くいっていないんじゃないかと思うわけです。なんでか・・・これらに共通することが

「すべて自分中心」

だからです。これではおそらくうまくいかないでしょう。なぜなら女性は自分が一番好きだからです。私たちの話なんてほぼ興味ないのだ!!!

私が今回話したいのは、自分をアピールしまくるのではなく、相手主体で相手が可愛く・綺麗にいられるように振舞う事が重要なのではないか、という事です。

今回はそんな話。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

あなたが塩顔イケメンなら話は別

もしあなたが、世間の女性が好きな「塩顔イケメン」であるなら話は別です。イケメンは何しても許されるし、女性もイケメンの顔だけ見てれば幸せなのできっと何も考えなくてOK。

※ちなみに塩顔イケメンがよくわかってませんので雰囲気で話してます←

俗にいう※ただし、イケメンに限るってやつです。会ったこともない人の顔だけ見てキャーキャー騒げるってことはそういう事です。塩顔イケメンは顔のみで全てを凌駕する力があるのです。言わば、相手に触れずに攻撃ができる最強キャラです。

ただ、今このブログを書いてる私や、読んでいるあなた達はきっと塩顔イケメンではないはず。それなら今すぐに自分の話をするのはやめて、全勢力をその耳に、そして大人しく女性の話に耳を傾けるのが最優先事項ではないだろうか。

女性に可愛く・綺麗にいてもらうには?

さて、鏡を確認し、あなたが塩顔イケメンではないことを再確認できただろうか。再確認できたらここからはどうしたら女性が可愛く・綺麗にいられるのかを考えてみよう。

まずは、あなた自身が相手に対して気遣いをすることが重要。

例えばデートの時、相手はお手洗いに行きたいのに言い出せないかもしれない。もしくは、ランチの量が足りなくて追加のオーダーをしたいのかもしれない。ただ、相手は可愛くいたいがために言い出せないかもしれない。そんな時はあなたが気遣いをして人声かけてあげるといい。

「今夜うちに来ないか?」

「お手洗い行っておかなくて平気?」

とか

「何か追加でオーダー取る?」とか。

決して「今夜うちに来ないか?」なんて発言はしてはいけないぞ。←

このように自然にスムーズに相手が気を使わないように、接してあげることが大切だろう。その他にも大切なことがある。それは、相手の変化に気づくという事だ。例えば、

「今夜うちに来ないか?」

「化粧変わった?」

とか

今夜うちに来ないか?

「服装いつもと雰囲気違う」

とか

今夜うちに来ないか?

「髪型変わった?」

とか

省略

などだ。重要なことなのでもう一度言うが、決して「今夜うちに来ないか?」なんて口に出してはいけないぞ。

御託を並べるより、プレゼントが良いよ?

なんで普段書かない恋愛の話なんて書いているのかって、以下のエステとか脱毛とかプレゼントしたら凄く喜ぶんではないかと思ったわけだ。マッサージとかね。一応紹介しておこう。

●EPARKでマッサージやらリラクサロンを予約してプレゼントしてあげらきっと喜ぶはず。塩顔イケメンじゃなくてもイケメンに見えるかもしれません。

【クーポンが豊富!】お得なEPARKリラク&エステ

●スリムボディをプレゼントするのも良いね。もう間違いなく君は塩顔イケメンだね。

楽天コスメ大賞≪ボディークリーム部門1位≫
超温感マッサージクリーム

●POLAの美容液なんてのも良いね。彼女も塩顔イケメンになれるかもしれない。

B.Aセラムレブアップ

POLA-塩顔

●女性用エステとかね。塩顔イケメンの中でも一番の塩だよきみは。

「ヴィトゥレ」キャビテーション

そんな感じです。

以上!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る