なぜあなたはノウハウという名の情報商材を買うのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

情報商材

こんにちははなゆうです。

突然ですが、情報商材という言葉を聞きどんな印象を受けるでしょうか。

おそらくあまり良い印象は持っていない、むしろ「詐欺」や「胡散臭い」なんていうイメージを持っている方が多いのではないかと思います。

ただ、不思議な物で人は「情報商材」という名前でなければ購入してしまうようです。特にブロガーやライターの方々は好んで買う傾向にあるみたいで…なんでそんなものを好んで買ってしまうのでしょうか。

今回はそんな話。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

そもそも情報商材とは何か

そもそも情報商材って何それ?美味しいの?

という方のために簡単に説明しますが…情報商材とは、インターネット上を介して売買されるノウハウ(情報)の事です。これだけ聞くと別に何が悪いのかわかりませんよね。当然、みんなが知らない情報には価値があり、お金を払ってでも知りたいこともあると思います。

実際に有益なノウハウ(情報)を提供してくれる情報商材もあるかもしれません。ただ、多くの「情報商材」と呼ばれるものは、中身が薄かったり、他の誰かのノウハウのコピーだったりすることが多いのです。そしてそれが結果として、情報商材は「騙し」や「詐欺」と言われている所以に繋がります。

情報商材の9割は詐欺だと言われている

上記で、有益なノウハウ(情報)を提供してくれる情報商材もあるかもしれない。と書きましたが、9割以上の情報商材は詐欺紛いだと言われています。これは大きく3つほど理由があるそうです。

【情報商材が詐欺と言われる3つの理由】

・実際にその通りにしても再現できない

・過度な煽り表現

・広がり方がネズミ講まがい

といった理由が考えられます。

まず1つ目は「再現性が低いという事」。ノウハウ(情報)をお金で買って実際にその通り行動したとしても、必ず成功するというわけではありませんし、それに対する補償もありません。そして状況も違えば、行動する時期や流行りも異なります。そんな不確定要素だらけの情報を提供しても成功できる確率は低いですよね。

そして2つ目は過度の煽り表現。「○カ月で1000万円稼ぎました!」みたいな表現をよく見ると思いますが、あれも実際に稼いでいるのかは神のみぞ知る事。煽り倒せば良いという風潮があるのは間違いありません。

3つ目は、事業形態が「ネズミ講」と変わらない点。購入した情報をさらに誰かに売ったり、紹介したりし広げていく。という形態が多いという点が挙げられます。

それでも人は情報商材を買ってしまう理由

ここまで情報商材について書いてきましたが、いかがでしょうか。良いこともなさそうだし…買わない方が良いってことはわかってるよ!

なんて思ってると思います。ただ、それでも人はノウハウ(情報)を欲しがり、そして購入してしまいます。上記でも書きましたが、ライターやブロガーは情報商材だらけです。(有益とか詐欺だと詐欺じゃないは関係なく、ノウハウ提供という意味。)みんなが買ってしまう情報商材の条件は以下の通り。

・業界で稼いでいる方(本当かどうかは知らない)

・業界で有名

・情報商材の値段が比較的安い(月500円とか)

・自分の周りも買っている

・良いという評判がSNSやブログで流れてくる

・購入のメリット・特典がある

最近インターネットを見ていて思うのは、noteなどのサービスを使った比較的安価に購入できる情報商材が非常に多いという事。

「ブログで~万PV達成したので方法を教えます(500円)」

「ライターで稼ぐための〇〇なスキル(500円)」

みたいな感じです。中身までは知りませんが、これはよくある情報商材と変わらないと思います。ただ、安価であるという理由や、先に挙げたいくつかの項目の理由から、人はなぜかこれが「情報商材」とは気づかず?に購入してしまうようです。

そして情報商材の内容が薄かったり、役に立たなかったとしても「値段が安いから」という理由で「詐欺」や「騙し」と言われていないだけであると考えられます。
さらに怖いのは、周りがみんなノウハウを有料で提供してるから自分も提供してみよう~みたいな二番煎じの情報商材提供者が多いという事。ライターやブロガーで稼げて来たら、情報を売って固定収入を…なんていうキャリアビジョンを染み込まされているのではないでしょうか。

noteは文章を売るところであり、情報商材を売るところではない

noteというサービスは、簡易ブログや簡単な文章を投稿できるサービス。しかも無料で公開もできるが、文章を有料で販売することもできます。

素人の方でも小説を書いて販売したり、マガジンとして定期購読してもらえる機能があるのです。これは素晴らしい取り組みだと思います。小説家を目指す方や漫画家になりたいという方にとっては最高の発信の場であるはず。

ただ、情報商材は禁止しているよう。

ご利用規約

しかし現状は、個人が情報商材を簡単に売り出せる格好の場となってしまっている。事実上無法地帯となっているnoteの規制など今後はどうなっていくのでしょうか。

最後に:ブロガー・ライター界隈の情報商材の中身とは

実際にブロガーやライターさんが有料で提供している情報商材の中身。

詳細な内容は言えませんが、

「ブログでこの情報商材について紹介してくれたら、○○円プレゼントします!」

という記載や

「情報商材について拡散してくれたら特典として○○の権利をプレゼント!!」

のような記載すらあるようです。これはねずみ講のやり方と一緒。拡散すればするほどお金が貰えたりする制度。少し考えてみればわかるはずですよね…。

自分が納得して購入するなら良いかもしれませんが、このような仕組みで周りが勧めているという裏事情もあるようなので注意しましょう。

お金を払ってノウハウを得るより、無料で公開してくれている人のブログやライターさんお大切にしましょう。

高いモノや有料の情報の方がよく見えるのは人の心理。それに早く気づきましょう。

以上!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る